乳酸菌サプリで注目するのは乳酸菌の種類!その種類と効果をチェック

乳酸菌サプリで要チェックの成分とは?

乳酸菌には様々な種類がありますから、どの乳酸菌が配合された乳酸菌サプリを含むのかチェックしなければいけません。

そこで乳酸菌サプリの乳酸菌の種類と効果、そして、これも含まれていると便利という成分をご紹介しましょう。

乳酸菌の種類と効果をチェック!

代表的な乳酸菌の種類と効果をここでは見ていきましょう。

①ガセリ菌

ダイエット目的で乳酸菌サプリを飲もうと考えている方は多いでしょう。そんな方が注目すべきなのがガセリ菌で、別名痩せ菌と呼ばれ、内臓脂肪を落とす働きがある成分です。

②ラブレ菌

ガン予防など、体の免疫を高める働きがある成分なので、免疫力アップ、さらに整腸作用を促す乳酸菌です。

③L-55

アレルギーやアトピー対策にも乳酸菌サプリは効果的ですが、中でもL-55はそれらに強い乳酸菌なので、注目です。

乳酸菌サプリにこんな成分もあるとうれしい

上記の乳酸菌以外にもこんな成分が乳酸菌サプリにあると良いというものをご紹介しましょう。

①コラーゲンやプラセンタ

排泄効果を促す乳酸菌サプリにさらに美肌に効果的なコラーゲンやプラセンタが含まれていれば、肌トラブルを回避しつつ、保湿されたお肌にハリと潤いを与えるので、美肌に磨きかかかります。

②食物繊維

乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌だけでも整腸作用はあるのですが、乳酸菌は腸まで届くものが少ないのです。腸まで届いた乳酸菌を増やすためのえさとなるのが食物繊維です。これを摂ればさらに整腸作用もありますし、乳酸菌も増えて様々な働きをしてくれるので一石二鳥です。

③ミネラル

現代人に不足しがちなミネラルは生きるために不可欠な成分です。乳酸菌サプリを更年期対策で飲まれる方は、ミネラルを飲むことで、イライラや衰えてしまう骨や歯の形成に役立つので、こういった成分が入っているかチェックしましょう。

乳酸菌サプリは用途に合わせた選び方を

乳酸菌によって得られるものはたくさんあります。その中でもあなたの目的にあった乳酸菌が含まれたサプリを選ぶことをおすすめします。

ポッコリお腹はオリーブオイルで便秘解消ダイエットがおすすめ

ポッコリと出てしまったお腹、みっともなくていやですよね。ダイエットの方法はたくさんありますが、ポッコリお腹の人で便秘がちの人は、便秘を解消するだけでもダイエットになります。そんな便秘解消法として、今回はオリーブオイルを使った方法を紹介します。

オリーブオイルのダイエット効果

ダイエットなのにオイル?と思うかもしれません。ダイエットでは脂肪分は避けなくてはいけないと思っている人も多いでしょう。しかし、脂分は私たちの生命に必要なものですので、まったくカットしてしまうというのはよくありません。

大切なのは、オイルの選び方です。オイルといってもたくさんのタイプがありますが、オリーブオイルはダイエット効果も認められているくらい優秀なオイルなんですよ。

その理由は、オリーブオイルに含まれるオレイン酸という成分です。これは抗酸化作用が高く、腸内の老廃物をまとめてスムーズに排出してくれる作用があると考えられています。そのため、便秘解消にはもってこいなんです。

オリーブオイルで便秘対策

また、適度なオイル分は、便の滑りをよくするため排便を楽にするともいわれています。ですので、この意味でも積極的に利用したいのがオリーブオイルなのです。

そんなオリーブオイルを使った便秘対策の方法はとても簡単です。毎朝大匙1杯程度のオリーブオイルを飲むだけです。オリーブオイルにはオレイン酸がゴマ油の2倍も含まれています。それだけでなく、ビタミンEやポリフェノールなども含まれているので、健康のためにも活用したいですね。

飲みすぎには注意が必要

健康やダイエットにいいといわれるオリーブオイルですが、それでも飲みすぎには注意が必要です。やはりオイルですので、カロリーは他の食品に比べて高い傾向にあります。ですので、便秘に役立つからといって、飲み過ぎるとカロリーの取りすぎになってしまうかもしれません。

毎日スプーン1~2杯程度を目安として、オリーブオイルを活用するとよいでしょう。また、料理に使う油をオリーブオイルをメインとするのもおすすめです。

オリーブオイルで便秘体質を改善

オリーブオイルのダイエットと便秘解消効果について説明しました。

今すぐ始められる簡単なダイエット方法です。ぜひ、あなたもこれからオリーブオイルを活用して、便秘体質を改善してみましょう。便秘を改善できれば、気になるポッコリお腹もスッキリするはずです。オリーブオイルには他にも健康効果があるので、継続してみてくださいね。

わき腹のお肉を落としてすっきり引き締める方法とアイデア

お腹周りを引き締めたいと思う人は多いですが、普通のダイエットでは思うように痩せられないと感じている人もいるでしょう。お腹などの部分痩せは、通常の食事制限だけでは効果が得られないので、ストレッチや筋トレを盛り込んでいくことが大切です。では、お腹周りでも特にわき腹のお肉を取るためにはどのような方法があるでしょうか。考えてみました。

わき腹のお肉が落ちない理由

正面から見た時にウエスト周りがきゅっとくびれていると、かっこいいですよね。そんな体型にあこがれる人も多いと思いますが、実際に自分でダイエットに挑戦してみると、なかなか難しいものです。

わき腹のお肉を落とすことができれば、ウエストも細く引き締まって見えるようになります。でもわき腹のお肉は、普段の生活であまり使わない筋肉ですので、普通に生活していてもなかなか落とすことはできないんです。

わき腹のお肉を引き締める方法

わき腹のお肉を引き締める方法としては、わき腹の筋肉を鍛えるトレーニングやストレッチがおすすめです。筋トレは、腹筋運動はとてもポピュラーですが、普通の腹筋運動で鍛えられるのは、正面のお腹の筋肉です。それに加えて、わき腹の腹筋にも負荷がかかるように、斜め方向の腹筋トレーニングを取り入れてみてはどうでしょうか。

さらに、ストレッチとしては、わき腹の筋肉を伸ばす風な動きのストレッチがおすすめです。ウエスト周りをひねる動作や、上半身を左右に大きく倒して、わき腹の筋肉が動いているのを感じましょう。

実際にこのストレッチをやってみると、意外とたいへんだとおもいます。中にはしんどいと感じる人もいるでしょう。でもそれはつまりその部分の筋肉を普段から使っていなかったということです。このため、少しずつでも継続してストレッチを行えば、意外とあっさりと効果が得られるものです。

姿勢に気を付けることも大切

また、お腹周りのお肉が気になるという人に多いのが、普段の姿勢がよくないという人です。デスクワークなどで猫背になっている人ほど、お腹がぽっこりしていたりするものです。

椅子に正しく座るためには、腹筋と背筋が必要ですので、猫背の人はそれだけいつもその筋肉を使っていないということなんです。

とはいっても、作業に集中してくるとだんだん猫背になってくるものですよね。自分がもしかしたら猫背かも、と思っている人は、できるだけ意識して姿勢を正すようにしてみてください。ちょっとしたことですが、これだけでも効果を感じると思いますよ。

中性脂肪を減らしたり抑制するには青魚を摂ると効果的である

中性脂肪を抑制してダイエットをしたいと思っている人は多くいるでしょう。
そういった人はいかに中性脂肪を減少させるか?生み出さないか?ということが重要になります。
中性脂肪は食事が原因で増えたりするものですが、逆に言えば食事によって減らす、抑制することもできるのです。
そのときに食べるべき存在は青魚になりますが、この青魚は健康に良いということは知っている人も多いと思いますね。
しかし、青魚の健康効果というと、血液をサラサラにしたりできるという部分のイメージが強いのではないか?と思われますが、他にも健康効果があるのです。

青魚に含まれるDHAとEPAの力が中性脂肪に効く

青魚と言えば、DHAとEPAが代表的ですが、この2つは肝臓に働きかけることができます。
そして、実は中性脂肪は肝臓で作られるもので、肝臓に対してDHAとEPAが働きかけることにより、中性脂肪の合成を防ぐことができます。
つまり、青魚を食べると中性脂肪が作られることが抑制されるので、結果的に中性脂肪が増えづらくなります。
DHAとEPAは中性脂肪に関しては相当な効果を発揮することが期待できますから、ダイエットには有利と言えますね。

毎日青魚を食べないといけないというわけではない

青魚というのは割と食べられているメジャーな食材ですが、好きじゃない人もいるかもしれません。
そういった人は無理して頻繁に食べないといけないということではないので、そこは知っておきましょう。
毎日食べられるならば食べてもらって構いませんが、長く続けるということも重要ですから、可能な範囲で青魚を摂取していってほしいと思いますね。
青魚だけに限らず、サプリを利用してDHAやEPAを摂取するという方法もあるので、そういった部分にも注目していくと良いです。
食事においても中性脂肪を減らすため、抑制するための策を講じていくべきだと思いますが、どうしても青魚が苦手な人は摂る頻度を低くしたり、サプリも現実的に考えると良いと思いますよ。

中性脂肪 下げるサプリ 50代

中性脂肪を抑制するには青魚を摂ると良いに関するまとめ

中性脂肪を抑制したいときには食事が重要ということがまず言えますけど、やはり青魚を摂ることが理想になります。
青魚以外も中性脂肪に気を付けて摂ってほしいですけど、まず重要なのがDHAとEPAを摂ることになるので、青魚を特に意識して食べていくと良いと思います。
自分の可能な範囲で、青魚の摂取を考えていってほしいと思いますね。